黒い詰め物はありませんので、う蝕治療が完了したあとの歯が黒いということは無いはずです。

最近、う蝕の治療が終わったそうなのですが・・・。

 歯を黒くしてしまう薬品が「う蝕進行止め」という表現でよく乳歯の治療に用いられます。年齢が低すぎて治療器具が口内で取り扱えない子や、泣いて暴れているため充填処置がきちんと行えないといった場合に、やむを得ず行う処置として利用されることがよくあります。当院でも状況に応じて使用しています。この薬剤を塗布すると、薬品の反応で歯が黒くなります。

 この子は充填処置がきちんと受けられないような難しいお子さんではありません。ごく普通の子供です。

 この歯を例に、う蝕治療ってどうするのかを次で説明してみましょう。

まず、本当にこの治療がう蝕治療を行ったのかどうか判断するために、詰めてあるものだけを取り除き、この下がどうなっているのか見てみます。

 詰め物だけを取り除いてみました。歯を削った形跡が無いので恐らく詰め物をのせただけのようです。充填処置として治療費の請求をするためには、う蝕部分は削って取り除かなければなりません。これでは治療費の請求は出来ないはずですが・・・。

う蝕の部分(細菌感染している部分)を削り取るとこうなります。細菌がいる部分をそのまま残して詰めものしても、残った細菌がう蝕を広げていきます。蓋だけしても細菌が死ぬことは無いからです。

 ちなみに中心部分に見える褐色の部分には細菌感染が認められないため、これを削り取る必要はありません。う蝕の部分だけ色が付くう蝕検知液という薬品や、う蝕を判定する機械「ダイアグノデント」の両方を用いてう蝕が無いことを確認しています。

 

 充填処置後は、このようになります。病気の部分である「う蝕」が取り除かれ、むき出しになっている傷口をしっかり塞いで保護してあれば保険治療の目的は達成されています。これであれば治療費の請求も問題ありません。


 

う蝕に罹患した歯の断面です

黄色の矢印がう蝕の部分です。ほぼ真っ直ぐ中心に向かって進行しています。でも赤矢印の所まで来るとそこから横に広がっていきます。そして広がった状態で更に中心部分に向かってう蝕が進行しているのが観察できます。これは歯の構造によるもので歯科医師、歯科衛生士であれば当たり前に皆知っていることです。

 
 「う蝕進行止め」と呼ばれることの多いサホライドという薬液は、薬液に触れる表層の部分には一定の効果が期待できると思いますが、薬液の届かない深部に効果が出るはずありません。

ですから、う蝕処置は細菌感染した部分を取り除き、無くなった組織を人工物でしっかりと保護しなければ治療したことにならないのです。

別の歯です。でも広がり方の特長は同じです。

黄色の矢印がう蝕の部分です。円錐形に進行しています。ところが赤い矢印の所まで来るとそこから横に広がっていきます。

矢印の間隔が途中から広くなっているのがわかります。

 歯科医師が削り取る部分は入り口の小さな穴のサイズでは無く、中心に近い部分の大きく広がった範囲までです。

ですから、口の中を見て「このくらいならちょっと詰め物してもらえば済むんじゃない」とか自己判断していると、銀色の部分的、あるいは銀歯といった金属冠を装着されてがっかりしたことのある方は少なく無いはずです。

外見のみで病気の進行具合は分からないのです。

お子さんのう蝕(むし歯)予防に協力します。

小さなお子様の歯の磨き方や食事指導など、う蝕予防に役立つ情報をわかりやすく衛生士が教えてくれます。

う蝕(むし歯)はミュータンス菌と呼ばれる口腔内の細菌によって、歯に侵蝕(歯を溶かすこと)を引き起こす疾患です。その病因については既に十分な理解がされています。

う蝕になるメカニズムがわかっていて、その知識を上手く活用できれば、う蝕予防は誰にでもできます。

う蝕予防に必要なのは『知識』です。病気に対するしっかりとした理解が、この病気にならないようにするために必ず必要となります。

知識を得たなら、あとはそれを実行するだけです。ご自身・ご家族で取り組まなければならないことが中心です。私たちは、それが出来るよう必要な情報を提供し、少しの手助けをするだけです。

どんなにむし歯が多くても、しっかりとした治療をおこない、正しい知識を得て、上手にこれを活用して頂ければ、ほとんどの方はむし歯という病気から解放されると思います。

2014年で開業から10年ほど経過しましたが、この10年間に定期的に来院されている患者さんのお口の中をみていると、詰め物をする、銀色冠を新たに作り直す、う蝕が原因で抜歯するといったう蝕の治療をしていません。

当院では患者さんの健康を管理する上で、非常に重要となるお口の中の写真を定期的に撮っていますので、このようなこともはっきりと申し上げることが出来ます。

この実績は自分たちの取り組みが間違っていないことの証拠として自信を持って今後も取り組んでいくことでしょう。

う蝕についてお悩みの方は当院を受診してみて下さい。