HOME > <審美・インプラント・矯正など>



「ここではどんな治療が受けられますか?」
「あれこれ聞くと嫌がられそうで、聞くに聞けないし・・・。」
「どこに行けば、希望の治療が受けられるのかわからないんですけど・・・。」

こんな悩みをお持ちであれば、このページが役立つかもしれません。

当院で行っている治療の全てをここに提示することは難しいのですが、できるだけわかりやすくご案内致しております。
 なお、ここに掲載しています写真は全て当院院長の治療によるものですが、全ての患者さんが同じになることを保証するものではありません。また、このページでご紹介しています治療は保険対象外(自費診療・自由診療)の治療を含んでおります

 患者さんの健康状態は、おひとり、おひとり違いますし、経済的負担、治療にかけられる時間も皆さん違いますが、きっと希望の治療方法が見つかるはずです。

DSC_0019.jpg
当院近くにある「インディアン水車橋」。夜になると真っ暗な橋道を橋の明かりがやんわりと照らしてくれます。(院長撮影)

審美歯科治療-1-

IMG375copyright2[1].jpg前歯部6歯のうち、5歯は冠を装着し1歯はCR充填(保険診療適応外)を使用して治療。周囲の歯肉も綺麗で、口元も明るく話し相手に良い印象を与えてくれます。 写真は冠装着から1年経過後のものですが、1年経っても綺麗です。


詳しくはこちら

矯正治療とインプラント治療

_DSC0013.jpg一昔前であれば抜歯を行って義歯を入れなければ,奥歯で噛めるようにならないケースです。欠損のまま長期間放置していたために一番奥の歯が位置の異常を起こし単純に歯を削っただけではブリッジ(連結した冠)が入りません。

詳しくはこちら

当院が実施する最先端インプラント治療のご案内

-より良いインプラント治療をお受けいただくために-

JSE8C6.jpg当院ではインプラント治療を受けられる方に、少しでも安全・安心を提供したいとの願いから、インプラント治療支援システム「Landmark SystemTM」を用いてインプラント治療を行っております。ここでは実際のインプラント治療の流れをご案内しております。


詳しくはこちら

インプラント治療

部分入れ歯からの解放。1歯からでもインプラントはできます。

IMG439.jpg部分入れ歯を使ってます。一番奥の歯は手前に倒れているのでブリッジ(連結冠)ができません。部分入れ歯は金具が付いていたり、食事後、就寝時など定期的に取り外さなければいけなかったり、咬む力が上手く伝わらなかったり・・・。1歯分の働きを補うには、制約が多くて不満がつのります。インプラントならこれらの不満から解消されます。

詳しくはこちら

審美歯科治療-2-

治療跡がわからないように。

090929-019-.jpgこの4歯の中で治療している(冠を装着している)歯がいくつあるか、どの歯なのかわかりますか?

詳しくはこちら

「小帯切除術」について

「小帯が長いので切った方が良い」と言われました。

111019-1.jpg3歳児健診やフッ素塗布といった市の健診事業で、健診で対応した歯科医師から「小帯が長いので(厚いので)切除した方が良いですよ」と言われ、相談に来られる保護者の方がおります。来院された保護者の方にはこのような写真をお見せして、処置の内容などご説明しておりますので不安に思われている保護者の方はご覧下さい。

詳しくはこちら